キョードー北陸やサンライズプロモーション北陸ならあの紙チケットも買える!?お得な買い方・発券方法やキャンセルなど徹底解説

ホクチケ

人気のライブやイベントのチケットは、ファンクラブに入っていても入手困難。

でも、比較的チケットを取りやすいと注目を集めているのが北陸エリアのチケットです。

交通費がかかっても転売サイトのプラチナチケットを購入するより割安になる上、先着方式で販売されるものも多く、努力次第(?)でチケットを購入できる可能性があるんです!

そこで、今回は北陸エリアで開催されるイベントのうち、❝紙チケット❞を購入する方法やキャンセル、払戻しや問い合わせ先などについてわかりやすく徹底解説していきます!

電子チケットについてはコチラをご覧ください。

Please wait for a while…m(__)m

キョードー北陸・サンライズプロモーション北陸 おすすめの理由とは

キョードー北陸とは、新潟・長野・富山・石川・福井県などの北陸地方で開催されるコンサート・ライブ・落語など様々なイベントのプロモーター(興行会社)です。

同地域には❝サンライズプロモーション北陸❞というプロモーターもありますが、両社のホームページは互いにリンクし合い、インターネットでのチケット予約はどちらも「ホクチケドットコム」を利用します。

取り扱うイベントは、超人気アーティストのライブやコンサート、落語やお笑いの公演など実に様々。

チケットは電話や予約サイト「ホクチケドットコム」で購入するか、イベントごとに指定された大手プレイガイドも利用できます。

「なぜ北陸をおすすめ?」と思った人!ぜひ続けてご覧ください!!

「キョードー北陸」や「サンライズプロモーション北陸」の強みは、入手困難なチケットを購入しやすいというところにあるんです!

人気アーティストのライブチケットは、首都圏など大都市周辺ではプラチナチケット。
ファンクラブの先行販売や抽選に何度申込んでも買えないという経験、ありますよね。

チケットの公式リセールならまだしも、転売サイトでは二度見してしまうほどの高額が付いていて、ちょっと手が出せません。
ちゃんと入場できるかも心配ですしね。

そんな人におすすめしたいのが、この❝北陸❞のチケットなんです。

両社が扱うチケットは北陸地方で開催されるものばかりなので、遠方から行きにくいのは事実。

でも、そういった背景があるからこそ、抽選に当たる確率は高い

さらに、首都圏では何度抽選しても取れない人気アーティストのチケットが、日時によっては先着順で購入できるんです!!

考えてみてください。

たとえ新幹線を使ったとしても1泊したとしても、高額で不安のある転売サイトで買うより、いろんな意味でお得というものです。

北陸地方には金沢をはじめ風光明媚なエリアも多く、日本海の海の幸も楽しめますから、観光も兼ねて行ってしまえば御の字ですよ!

ちなみに、首都圏から金沢へ週末に1泊、新幹線を利用したとして、往復交通費と宿泊代のセットプランで2万円台から可能!

観光もライブも楽しめるプチトリップとして十分楽しめますよね。

(時間とタイミングがあえば、「青春18きっぷ」を使って交通費を浮かせるという手もあります。
相当時間はかかりますが、お得はお得です。
青春18きっぷ についてはリンク先記事をご覧ください。)

なので、首都圏が会場のライブチケットに高額払うなら、北陸会場のライブを選択する方が有意義ではないかと思うわけです。

そこで!

ここではキョードー北陸またはサンライズプロモーション北陸が扱うイベントのうち、一般的な❝紙チケット❞について詳しく紹介していきたいと思います!

チケットの買い方 4通りと特徴

従来の紙媒体の❝紙チケット❞を購入する方法は、大きく分けて次の4通りあります。

各ライブ・コンサートなどのイベント詳細ページで「紙チケット」の取り扱いがあればOK。

ただし、すべての公演で4通りの販売方法を扱っているわけではないので、チケット詳細ページを確認してくださいね。

  • 電話で申し込む。
    「キョードー北陸チケットセンター」「サンライズプロモーション北陸」での扱いになります。
  • 店頭で購入する。
  • ホクチケドットコムで申し込む
  • 指定のプレイガイドにインターネットで申し込む

やり方やメリット・デメリットが異なるので、それぞれ解説していきますね。
自分のやりやすい方法を探してみましょう。

電話で購入

取り扱いに❝キョードー北陸チケットセンタ―❞または❝サンライズプロモーション北陸❞が表示されている場合に、電話で紙チケットの申し込みができます。

電話で購入する場合のメリットとデメリットは次の通り。

【 メリット 】

  • 会員登録が不要
  • インターネット不要
  • 発券手続きが不要

【 デメリット 】

  • 電話が繋がりにくい
  • 受付時間が決まっている
  • 座席は選べない(すべての公演でコンピューターによる自動抽選となる)
  • 支払い方法は郵便振込のみ
  • 送料が高い
  • 払戻しができない

電話するだけでチケットを購入できるので、少々面倒な会員登録の作業や、コンビニのマルチコピー機などで紙チケットを受け取る手続き(=発券)が不要です。

また、インターネットを介さずに購入できるので、スマホやパソコンを持っていない人や、インターネット環境が整っていない場所でもOK。

その反面、電話受付の時間が決まっているため、申し込むタイミングが限られたり電話が繋がりにくかったりといったデメリットもあります。

代金の支払い方法は郵便振込となりますが、振込先を電話で伝えられるため、間違いないようにメモを取りましょう。

さらに、チケットは日本郵便の簡易書留(代引きの場合はヤマト運輸)で配送されるため、配送料の負担が生じます。

こういった特性を踏まえて、申し込んでくださいね。

購入の流れはいたってシンプル。
電話さえ繋がれば、あとはオペレーターの指示に従って公演名と日時、チケット枚数や席種、氏名や住所などの必要事項を伝えるだけです。

ただし、公演によってキョードー北陸とサンライズのどちらに申し込むか決まっています

また、下記番号と異なる発売日専用の❝特別電話番号❞が設けられることもあるので、公演詳細ページで確認してくださいね。

【キョードー北陸チケットセンタ―の場合】

電話:025-245-5100
受付時間:火〜金 12:00〜16:00、土 10:00〜15:00
※ 発売日は10時より受付開始

【サンライズプロモーション北陸の場合】

電話:025-246-3939 
受付時間 火〜金 12:00〜16:00、土 10:00〜15:00
※ 発売日は10時より受付開始

店頭で購入

プレイガイドや劇場などの店舗や窓口で購入する方法です。

特に会場での直接販売は、他の購入方法だと加算される手数料がかからないため割安になります。
(直接販売の有無は、公演詳細ページに朱書きされていることが多いです。)

その店頭に割り当てられたチケットの枚数分しか販売されませんが、座席を選べることが多いというメリットがあります。

また、その場で発券され、すぐにチケットを受け取れるので、送料はかかりません。

もちろん会員登録やインターネット環境なども不要。

ただ、店頭まで行くのが困難な場合は電話申し込みの方がおすすめです。

店頭販売の有無はイベントの詳細ページで確認しましょう。

ホクチケで購入

ホクチケはチケットの販売を行うWEBサイトで、「キョードー北陸」「サンライズプロモーション北陸」両方のチケットを取り扱っています

紙チケットを販売する公演も購入できますよ。
公演詳細ページのホクチケ案内文に❝紙チケット❞と書かれていればOK!

ホクチケの概要は次の通りです。

【 メリット 】

  • 申込方法がシンプルなので使いやすく、電話での問い合わせもOK
  • ホクチケのみで販売のチケットがある
  • 24時間OK
  • 支払い方法はクレジットカードまたはコンビニ振込が選べる

【 デメリット 】

  • 会員登録やインターネット環境が必要
  • チケットの受取方法が簡易書留のみ(配送料が高い)

大手プレイガイドのWeb予約・購入方法よりもシンプルなので、使いやすさがあります。

後述しますが、電話で問い合わせできる点も、大手サイトより安心感あり。

電話申し込みよりも支払い方法を選べますが、後述する大手プレイガイドより受け取り方法などの選択肢が少ないため、限定的な側面もあります。

利用には会員登録が必要で、スマホやPCなどから申し込むため、インターネットを使える環境が必要です。

また、コンビニ発券が利用できず、購入した紙チケットは公演開始日の1ヵ月前から日本郵便の簡易書留で発送されます。

簡易書留は対面で本人または家族の受け取りが必要です。

公演の一週間前には届くように配送されますが、留守や住所間違いなどの場合は配達員が郵便局に持ち帰ることになります。

郵便局での保管は最大7日間。
期日までに不在連絡票に従って受け取りの手配をしましょう。

保管期限を過ぎた場合はホクチケに返送されてしまいますから、気をつけて。
再発送の依頼もできますが、再発送はゆうパックの着払いとなり、更なる配送料(800円~1,440円)を負担することになります。

ギリギリの依頼だと公演日までに間に合わない可能性も出てくるので、確実に受け取るようにしましょう。

チケットを受け取れなかった場合でも、支払ったチケット代・手数料・送料などは一切返金されないので、確実に受け取れるようにしてくださいね。

なお、すでに大手プレイガイドのWeb会員になっており、そこで該当の公演のチケットを扱っているなら、わざわざホクチケの会員にならなくても大手プレイガイドで予約・購入するのがおすすめ。

…というよりも、大手プレイガイドでの併売があるなら、そちらを利用する方がおすすめです(笑)。
ホクチケで予約・購入するよりもプレイガイドの方が買い方によっては安くなるからです。

したがって、ホクチケを利用した方が良いのは、

  • ホクチケでしか取扱いがない公演に行く人
  • 予約・購入方法がわかりやすいホクチケを利用したい人

という場合です(個人的な見解ですが)。

大手プレイガイドでの予約・購入は少々複雑な面もありますので、次項を参照してくださいね。

大手プレイガイドで購入

キョードー北陸やサンライズプロモーション北陸が扱うチケットは、公演ごとに指定された大手プレイガイドで申し込むこともできます。

大手プレイガイドでの購入には、その販売公式サイトでの会員登録やSMS認証などが必要ですが、一度手続きしておけば全国の公演でも利用できますよ。

すでにいずれかのプレイガイドのWeb会員なら、わざわざホクチケの会員にならなくてもOKです(笑)。

さらに、紙チケットの受け取り方法としてコンビニ発券を選べるので、割安になるのも嬉しいポイント
発券手数料(110円など)、システム使用料(220円など)がかかりますが、ホクチケ利用時のチケット配送料770円と比べるとかなりお得です。

ただし、予約・購入方法はWeb販売のみが圧倒的。
中には電子チケット対応のみの場合もあるので、注意してくださいね。

提携しているプレイガイドは以下の通り。

会員登録や購入方法などの詳細は別記事でまとめていますので、ご参照くださいね。

このほか、劇場が運営する公式サイトで購入できるケースもありますよ。

1つの公演を複数のプレイガイドが扱っているケースも多くあるので、すでに会員登録してあるところを優先的に申し込めば手間なしです。

新しく会員登録するのであれば、紙チケットのWeb販売に限っていうとイープラスがおすすめ
大手コンビニならどこでも発券できる手軽さがあります。

また、コンビニ店頭のマルチコピー機から直接申し込むことが可能な場合は、ローチケがおすすめです。

公演番号に相当する❝Lコード❞がわかっていれば、ローソンまたはセイコーマートに設置されているLoppiから申し込めるので、Web予約時に発生するシステム利用料を節約できますよ。

支払い方法

ローチケやイープラスなどの大手プレイガイドの公式サイトを利用する際は、そちらの支払い方法に準じることになります。

ほとんどはクレジットカード、コンビニ支払い、ネットバンキングに対応しており、サイトによっては❝ペイジー❞や❝ちょコムeマネー❞、❝キャリア決済❞など様々な方法が選べるので、提示された支払い方法から都合の良いものを選べば良いでしょう。

 

一方、キョードー北陸・サンライズプロモーション北陸のチケットセンターやホクチケを利用した場合の支払い方法は、下記の通りです。

ホクチケからの申し込みなら最寄りのコンビニで支払いできるのでおすすめです。

【 チケットセンター(電話で購入)の場合 】

  • 郵便振込(郵便振替/送金)
    電話したときに言われたチケットセンターのゆうちょ口座へ期日内に振り込む。

【 ホクチケドットコム(インターネットで購入)の場合 】

  • クレジットカード
    一括払いのみ。
    VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club が利用可能。
  • コンビニ支払い
    支払い日までに指定のコンビニエンスストア店頭にて現金で支払う。
    チケット予約・購入時に発行された番号(名称はコンビニによって異なる。下記参照)が必要になるので控えておく。
    番号はホクチケ公式サイトにログインした後の「申込み状況照会」画面または申し込み完了メールにて確認できる。
    ※ ファミリーマートは不可。
      セブンイレブンやミニストップが簡単なのでおすすめ

    【 セブンイレブンの場合 】
    レジの店員に「インターネット支払い」であることを告げ、13桁の「払込票番号」を伝える(見せる)。
    または、プリントアウトした「払込票(払込・受取票)」をレジに持参して処理してもらう。

    【ローソン / セイコーマート】
    店頭のLoppiのトップページにある「各種代金お支払い」をタップし、「各種代金お支払い」、「マルチペイメントサービス」と選択していく。
    画面の指示に従い、「お支払い受付番号」とホクチケに登録済みの「電話番号」を入力すると「申込券」が出力されるので、レジに持参して支払いを済ませる。

    【ミニストップ / デイリーストア】
    レジの店員に「オンライン支払い」であることを告げ、11桁の「オンライン支払番号」を伝える(見せる)。
    または、支払用画面にある払込票をプリントアウトしておき、レジに持参して処理してもらう。

手数料とお得な買い方

チケットの購入には様々な手数料が発生します。

でも、条件が違えば発生する手数料が変わってくるので、お得になることも損することもあるわけです。

紙チケットの場合、チケットの入手に伴う手数料(税込)は以下の通り⇩

  • チケット送料:770円(1件につき)
  • 支払い手数料(決済手数料)
    【チケットセンター(電話)で購入の場合 】
    ・振替(ゆうちょダイレクト):無料
    ・振替(ゆうちょ口座間):ATM 152円、窓口 203円など
    ・払込み(現金での振込):ATM 262円など
    【ホクチケで購入で購入の場合】
    ・クレジットカード払い:無料
    ・コンビニ支払い:330円(1件につき)

このように、紙チケットの場合は、電話・ホクチケのどちらで購入しても送料が発生します。

そのため、お得に買いたいのなら購入方法から考えるのが賢明

おすすめの予約・支払い方法の組み合わせと送料の合計は、

  • ホクチケで予約 + クレジット払い + 送料 = 770円
  • チケットセンターで予約 + ゆうちょダイレクトで振替 + 送料 = 770円

2つが最安です。
ゆうちょダイレクトは月5回までが無料の対象なので注意してくださいね。

ゆうちょダイレクトを利用していないけれどゆうちょ口座は持っているという方は、ATMから振替すると合計922円などで済みますよ。

クレカもゆうちょも利用していないという人は、ゆうちょATMから払込みをする方がコンビニ払いより安くなるので、ホクチケよりもチケットセンターが良いと思います。

 

なお、電子チケットだと送料は発生しませんが、システム使用料と発券手数料(計330円/枚)が生じるので、電子チケットで3枚以上購入するなら紙チケットで送料を払う方がお得なケースが多いですよ。

キャンセル・変更の方法

結論から言うと、購入したチケットを自己都合でキャンセルすることはできません
(主催者側の都合などの場合は払戻しが実施されることがあります。次項参照)

また、日時や座席・枚数など一切の変更も申し込み後はできません

紙チケットは簡易書留で発送されますが、理由の如何を問わず、受け取らなかった場合でも代金は一切返金されないので、よく考えてから申し込みましょう。

ただ、チケットを申し込んだ後、どうしてもキャンセルしなければならなくなった場合、反則的ですが方法が1つあります。

支払い期限までに代金を振り込まないことです。

チケットは代金の入金を確認して発送されるので、支払わなければ強制キャンセルということになります。
(支払い後であればキャンセルできません。)

しかし、この場合、自分がキャンセルした席が空席になってしまう可能性は否めません。

大好きなアーティストや、そのチケットが欲しかったファンの誰かに迷惑をかけることにもなります。
また故意にキャンセルを繰り返すと営業妨害とみなされることも考えられます。

なので、チケット購入後に行けなくなってしまった場合は、リセール(転売)することを考えてみてはいかがでしょうか。

キョードー北陸・サンライズプロモーション北陸では紙チケットのリセールは行っていませんが、業界公認の公式トレードリセールサイト『チケトレ』と提携しているので、こちらを利用するのがおすすめです。

また、公式ではありませんが、代金を100%以上取り戻したいというのであれば『チケット流通センター』を活用する方法もあります。

詳しくは下記記事をご参照ください。

払戻しの方法

主催者や出演者、あるいは感染症対策や自然災害などで公演が中止・延期・変更などになった場合、主催者側の判断で、払戻しが行われることがあります。

払戻し方法は公演によって様々。

なので、絶対にしてほしいのが❝公演の公式ホームページの確認です!

公演HPには各プレイガイドでの払戻し手続き方法が掲載されているのが一般的です。

キョードー北陸・サンライズプロモーション北陸のチケットセンター、およびホクチケでの購入では、以下のような払戻し方法が掲載されることが多いです。

  • 例1:個別連絡が行われるケース
    チケットセンター(電話申し込み)を利用した場合は同センターから電話にて、ホクチケ(Web申し込み)を利用した場合はメールにて払戻しの案内がありますので、それに従って手続きする。
  • 例2:各自で行われるケース
    チケットと自分の払戻し金振込用口座など必要事項を書いたメモを封筒に入れ、指定された方法で指定された住所宛に返送する。

なお、払戻しの受付には期間が設けられています。
電話やメール、公式サイトで案内された期日までに行わないと無効になるので、注意してください。

もし公演の払戻しが決定されたのに案内が来ない場合は、速やかにチケットセンターへ問い合わせてみましょう。

その場合、キョードー北陸・サンライズプロモーション北陸のどちらの管轄だったか、間違えないようにしてくださいね。

公演の公式サイトに❝〇月〇日までに連絡がない場合❞などの対応方法が明記されていることが多いので、早めにチェックすることをおすすめします。

また、払戻される代金は、チケット本体代、発送前であれば送料も対象です。

一方、発送後の送料や入金後の振替手数料などは返金対象になりません

公演によっては手数料の払い戻しがないケースもあります。

なお、ローチケなどの外部プレイガイドの払戻し方法はサイトによって異なるので、公演HPからのリンク、またはプレイガイド公式サイトを確認しましょう。

サイトによっては紙チケットでもシステム利用料が加算されますが、これも払戻し対象外となることがあります。

ログインできない・メールが届かない場合

チケットセンター(電話申し込み)には不要ですが、ホクチケはログインしないとチケット購入ができません。

しかし、何らかの理由によりログインできなくなることがあります。

もう一度試してもエラーが出てしまうときや、パスワードを忘れてしまったときは、パスワードを再発行する手続きをしましょう。

ホクチケ公式サイト内の再設定用 のページに、

  • 氏名
  • 登録済みのメールアドレス

を入力し、送信すればOK。
あとは指示に従って新しいパスワードを登録し直してくださいね。

また、登録したアドレスが合っているのにメールが届かない場合は、ホクチケからのメールを、

  • 迷惑メールとして弾いてしまっている
  • 受信拒否設定がされている

などが考えられます。

前者の場合は受信用のメインフォルダだけでなく、迷惑メールのフォルダを確認してみましょう。

Gメール利用者ならプロモーションやソーシャルフォルダ、Yahoo!メール利用者ならプロモーションフォルダに振り分けられている可能性もあります。

後者の場合は受信設定をし直した上で、再度ホクチケに送信依頼することが必要です。

まず、契約している通信会社や利用しているメールアプリの受信設定を開き、ホクチケのメールドメイン「@hokurikuticket.com」を受け取れるように設定し直してください。

その上でホクチケのメールがきちんと受信できるか、確認してくださいね。

受信できなかったメールは再送信されないため、電話(次項参照)にて依頼しましょう。

問い合わせ先

チケットの購入や配送に関する窓口が充実している点も、キョードー北陸やサンライズプロモーション北陸をおすすめしたい理由の1つ。

ホクチケで申し込んだ場合でも電話による問い合わせ窓口が利用できるので、とても良心的です。

ここでは各問い合わせ窓口をまとめてご紹介します。

電話が繋がりにくい場合も多いので、できるだけ時間に余裕を持って問い合わせるようにしましょう。

なお、チケットの販売や配送以外の問い合わせ(公演の内容や会場など)には回答できないので、内容によっては主催者や会場に直接問い合わせてくださいね。

【 キョードー北陸 問い合わせ先(チケットセンター) 】

Tel:025-245-5100
受付時間:火〜金 12:00〜18:00、土 10:00〜15:00(休業日:月・日・祝日)

【 サンライズプロモーション北陸 問い合わせ先 】

Tel:025-246-3939
受付時間:火〜金 12:00〜18:00、土 10:00〜15:00(休業日:月・日・祝日)

【 ホクチケ 問い合わせ先 】

ホクチケで申し込んだ場合でも、チケットに関する問い合わせは販売元(キョードー北陸/サンライズプロモーション北陸)に行います。

それぞれ前出の電話番号に連絡しましょう。



* おすすめ記事 *

Follow me!

キョードー北陸やサンライズプロモーション北陸ならあの紙チケットも買える!?お得な買い方・発券方法やキャンセルなど徹底解説” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。