ローチケ購入を画像付きで解説!キャンセル・譲渡・払い戻し、安い手数料で購入するやり方

この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

ライブやイベントなどのチケットはネットで購入するのが一般的。
でも、ネットでの手続きゆえに不安を感じる人も多いのでは?

そこで今回は、「ジブリ美術館」や「USJ」など限定取扱いのあるローチケの使い方を解説していきます。

お得にチケットを購入する方法や、支払い、リセール、問い合わせ方法についてもわかりやすく解説しますよ!

なお、NFT付きチケットの特徴やガス代などについてはこちらの記事 にてわかりやすく解説しています。

ローチケとは

コンビニ大手❝ローソン❞グループが販売するチケットが「ローソンチケット」。
愛称「ローチケ」です。

ローチケでは、

  • コンサート、ライブ
  • 演劇、舞台
  • 映画
  • スポーツ
  • イベント

などジャンルも幅広く、ローチケでしか取扱いのない『三鷹の森 ジブリ美術館』へ行く場合は利用するしかありません!!

チケットは、ローチケ公式サイトや電話、ローソン店頭の『Loppi』やプレイガイドで、予約または購入できます。

ただし、予約の場合は代金支払いのあと、次のいずれかの方法でチケットを受け取る必要があります。

  • ローソン・ミニストップ店頭の『Loppi』でチケットを発券する。
  • HMVなどのプレイガイドで引き取る。
  • 簡易書留で受け取る。
  • スマホなどで電子チケットとして受け取る。

①から③は紙チケットでの受け取り。
④は電子チケットです。

次項ではスマホの画像と併せて、ローチケ公式サイトの利用方法をご案内します。

新規登録のやり方

紙チケットの予約や電子チケットの購入には、ローチケへのログインが必要です。

ローチケ

公演の検索にはログイン不要ですが、頻繁にチケットを購入するなら会員登録がおすすめです。

ローチケ公式サイトのトップページ(画像参照)から新規登録をしましょう。

公式サイトへは上のボタンを押しても行けますよ。

それではローソンWEB会員 新規登録の手順です。
ローチケからのメール(@l-tike.com)が受信できるように設定し、手続きしましょう。


自分のメールアドレスを入力し、パスワードを設定します。

アドレスを入れると、自動で強力なパスワードが提案されますが、好みのパスワードでもOK。
英字の大・小文字、数字、記号のうち、2種類以上を混ぜてください。

下部にスクロールすると「文字認証」があります(画像参照)。
表示されている文字を入力しましょう。

最後に「ローソンWEB会員規約」があるので、「同意する」に✔を入れます。
問題がなければ「次へ」をタップ。

ローチケ

以上で仮登録が完了です。
登録したアドレスに「仮登録を受付けました」というメールが届くので、24時間以内に記載のURLへアクセスし、本登録を完了させましょう。

本登録では、氏名、住所、電話番号、性別、生年月日を入力します。
※苗字と名前の間にスペースを入れる。

「性別」「生年月日」は後で変更できないので、間違えないように気を付けましょう。

問題がなければ「次へ」をタップし、本登録完了です。

ログインの方法

購入予定なら初めからログインした方が手続きがスムーズです。


ローチケ公式サイト トップページのログインをタップ

ローチケ
① ローチケ公式サイトよりログイン


登録済みのメールアドレスパスワード、そして文字認証用の文字を入力し、下部にある「ログイン」をタップ。


ローチケの「マイページ」が表示されます(画像参照)。

初回は「携帯電話番号未認証」と朱書きがあり、認証手続き用のリンク「>>こちら」があるので、タップしましょう。

ローチケ
③ マイページの初期状態


すると、携帯電話番号認証ページが開きます。

下部の枠と確認用の枠にケータイ番号を入力
数字だけでOKです。

ローチケ
④ 認証用ケータイ番号登録画面

ただし!!
ケータイ番号は絶対に間違えないこと!

このあと、登録した番号でSMS認証が行われます。

ケータイ宛に送られてきた4桁の数字を表示枠に正しく入力してください。

終わったら「次へ」をタップ。
認証に成功すると「マイページトップへ」のボタンが表示されるので、タップしてください。


マイページでは、

  • メールアドレスなどの会員情報の登録・変更
  • 購入チケットの管理
  • 支払情報の登録・変更

が行えます。

支払い用のクレジットカードを登録しておくと便利ですよ。
支払方法や手数料については別項をご覧ください。

チケット検索の方法

チケットの検索・購入はローチケ公式サイトで行います。
検索だけならログインは不要

マイページの上部にある「ローチケ」のアイコンをタップすれば簡単に移動できますよ。

チケットの検索は、

  • アーティスト名などフリーワード
  • 興行識別番号であるLコード
  • 公式サイト上部にあるジャンル別タグ

などで探せます。

目的のチケットを見つけたら、Lコードを控えることをおすすめします。

なぜって?
それは最もお得にチケットを購入するときに必要だからです!
再検索するときの手間も省けますよ。

購入方法

ローチケで扱うチケットは、

  • スマートフォン・パソコンで予約・購入
  • Loppi端末(ローソン、ミニストップ店頭)で購入・発券
  • 電話で予約
    電話番号 0570-000-407(休止の場合あり )
    受付時間 11:00~18:00
  • プレイガイドで購入

などが可能です。

しかし、ご覧のように、方法やチケットの種類によっては予約のみの取り扱いとなり、Loppiでのチケット発券、または郵送による受け取りが必要です。

例えばスマホでチケット検索をした場合を考えてみましょう。
この場合、大きく2つの方法があります。

  • そのまま即時決済で購入し、
    ①Loppiで発券
    ②郵送
    ③プレイガイドで受け取り
    ④電子チケットで受け取り(対応チケットのみ)
  • 予約だけ行い、
    ①Loppiで発券、支払い
    ②代金を所定の方法で支払い、簡易書留で受け取り
    ③プレイガイドで支払い、受け取り

…となり、購入方法とチケットの受け取り方法の組み合わせが多数できます。
そして、それぞれの手数料は異なります

このため、同じチケットを購入しても代金の総額に差が出てしまうのです。

スマホやパソコンでチケットを手配する方法は24時間OKで、決済も簡単ですが、手数料が高くなるケースもあります。
併せて次項もご覧くださいね。

なお、電子チケットは手数料がかかる可能性もありますが、紙チケットのように失くしたり忘れたりする心配がなく、万が一、公演に行けなくなった時にリセール(売却:後述)できる可能性もありますよ。

手数料とお得な購入方法

個人的に、ローチケで最も複雑なのは手数料だと思います。

多様な購入・決済方法が可能な点はローチケのメリットですが、便利だからと色々組み合わせて利用すると割高になるケースもあるからです。

ローチケでは以下に注意するとお得になります。

  • 予約の要・不要
  • チケットの受け取り方
  • 決済方法

具体的な方法と金額は次項以降をご覧ください。

手数料の種類と金額

では、ローチケで発生する手数料について見ていきましょう。

【 手数料の種類と概要 】

手数料の対象となるもの手数料名手数料(税込)
スマホやパソコンでの予約購入
電話での予約購入
システム利用料220円(1枚あたり)
Loppiでの発券・入金店頭発券(入金)手数料110円(1枚あたり)
先行発売チケットの手配先行サービス料公演により異なる
(無料~550円:参考額)
チケットを簡易書留で配送配送料公演により異なる
(約400円~)
電子チケットの利用電子チケットサービス料公演により異なる
ケータイ電話のキャリア決済決済システム利用料220円(1件あたり)
クレジットカード決済無料
ローチケ公式サイトより改編
※経験上のデータ

たくさんの種類がありますが、賢く利用すれば出費を抑えられることも事実です。

このうち、最も簡単に手数料を抑えられるのが「決済方法」

クレカなら決済手数料は0円ですが、キャリア決済だと220円。
さらにローチケのシステム使用料として、どちらも220円がプラスされます。

つまりキャリア決済だと合計440円必要。
ローチケ公式サイトで購入するなら、クレカがお得だとわかりますね。

しかし、総額で考えると必要な手数料はこれだけではありません

実は、ローチケ公式サイトで予約購入するよりも、Loppiを使うほうが安く済むのです!

理由は、ローチケ公式サイトのシステム料。
予約購入するとチケット1枚につき220円かかるんです。

その後、Loppiで発券したり電子チケットをダウンロードしたりしなければなりません。
前者は110円、後者は公演により異なりプラスαの手数料が必要です。

郵送も可能ですが、簡易書留なので約400円かかります。

つまり、ローチケで予約購入せず、Loppiを使って購入するのが最も安くチケットを買う方法なんです。

しかし、コンビニ店頭でLoppiを操作して目的の公演を探すのは面倒…。
ましてや人気のライブや公演なら、発売開始と同時に手配しないとチケット入手は不可能ですよね。

そこでおすすめしたいのが、チケット入手の難易度で購入方法を変えるというものです。

入手しやすいチケットの場合

レジャー施設や美術館・博物館、入手しやすいイベントは慌てて購入しなくても大丈夫。

こういった予約の必要がないチケットは、Loppiで手配・購入するのがお得です。
その場で支払い・発券できるのが一般的ですから、店頭へ行くのも一回で済みます。

ただし、Loppiで目的のチケットを探すのは意外と面倒(私だけ⁇)。

それが前述のローチケ公式サイトでLコードを調べておく❞という方法。

  • ローチケでLコードを検索、Loppiで発券・購入(ログイン不要)
    ➡ Lコード検索(0円)+ 店頭発券手数料(110円)= 計 110円

自宅でローチケにアクセスし、ゆっくりと目的のチケットを探しておきます。
見つけたら、Lコードをメモするかスクリーンショットを撮っておけばOK!

そして、あとで店頭のLoppiへ。
初期画面の「各種番号をお持ちの方」をタッチして、Lコードを入力すれば目的のチケットにたどり着けます!

これが手数料を抑え、手間をかけずにチケットを購入するベストな方法。

中には電子チケットを選択できる場合もあり、発券手数料は不要に。
もし電子チケットサービス料が110円より安ければ、それが最安値です。

サービス料は公演により異なるので、購入時にチェックしましょう。

なお、公演中止などでチケットが払い戻し対象となった場合、払い戻しを受け付けるのは同じコンビニチェーンです(別項参照)。

Loppiはローソンのほかミニストップにもありますが、ローソンで発券したチケットはミニストップで払い戻せないんですね。

この点に注意して発券店舗を選んでくださいね。

入手困難なチケットの場合

人気アーティストのライブや休日のレジャー施設・イベントなどは、発売と同時に手配しないと買い損ねる可能性が大!

そういうチケットは、24時間手配可能なローチケ公式サイトで予約購入するのが確実です。

この場合、システム利用料220円が必須になるので、決済手数料で節約しましょうw

また、電子チケットはLoppiでの発券手数料が不要です。
電子チケットサービス料が取られることもありますが、公演で異なるので安い方を選ぶのが賢明。

以上をまとめると、次の3パターンの購入方法がお得です(紙・電子チケットは公演による)。
前述の通り会員登録し、ログインしてから予約しましょう。

  • ローチケで予約、電子チケットで受け取り(ログイン必要)
    ➡ システム利用料(220円)+クレジット決済手数料(0円)
    + 電子チケットサービス料(0円~)= 計 220円+ 電子チケットサービス料(0円~)
  • ローチケで予約、Loppiで発券(ログイン必要)
    ➡ システム利用料(220円)+クレジット決済手数料または店頭支払い(0円)
    + 店頭発券手数料(110円)= 計 330円
  • ローチケで先行予約、Loppiで発券(ログイン必要)
    ➡ 先行サービス料(0~550円程度)+システム利用料(220円)
    +クレジット決済手数料(0円)+ 店頭発券手数料(110円)= 計 330円+先行サービス料(0~550円程度)

なお、ローチケは支払方法の選択肢が広いのも特長。
店舗での現金払いやクレカ決済の他にも支払い方法があります。

詳しくは次項をご覧くださいね。

支払い方法

支払い方法手数料手数料の
払い戻し
備考
店頭支払い
(現金、クレジットカード、交通系電子マネーなど)
無料クレカは下記参照
期日内に支払い
クレジットカード決済
(VISA、JCB、MASTER、Diners、楽天カード、他)
無料ローチケ公式サイトでの予約必要
即時決済
キャリア決済
(docomo、au、SoftBank)
220円/1件不可フィーチャーフォンは対象外
ちょコムeマネー決済189円/1件有料で可チャージが必要
即時決済
郵便振込方法により
異なる
不可期日内に支払い
Pay-easy
(ネットバンキング/ATM)
220円/1件
時間外手数料あり
不可上限10万円
期日内に支払い
ローチケ公式サイトより改編

自分が使いやすい決済方法を選択できるのがいいですね。

注意点としては、

  • 公演が中止となったとき、払い戻しできない決済手数料がある(次項参照)。
  • ローチケ公式サイトでの予約など制限があるものもある。
  • 即時決済以外は期限までに支払わないとキャンセルになる。

などが上げられます。

払い戻し

購入したチケットの公演が出演者・主催者側の都合で中止・延期になることもあります。

チケットが払い戻し対象となった場合、ローチケでも払い戻しの手続きができるようになります。

自分が買ったチケットが対象になっているかわからない時は、こちらのリンク先で調べられますよ。

なお、ローチケで払い戻しする前に、公演の公式サイトでの情報確認をおすすめします。

払い戻し方法には何通りかありますが、ここでは紙チケット・電子チケットでの代表的なやり方を紹介します。

紙チケットの場合

郵送・Loppiでの受け取りに関わらず、コンビニ店頭で払い戻しができます。

※ CASH POSTを選択できる公演もあります。次項「電子チケット」をご覧ください。

ただし、Loppiで発券したチケットは、利用したコンビニチェーンでないと払い戻しが受けられません
券面で確認しましょう。

同じコンビニチェーンであれば、どこの店舗でも払い戻しOKです。

【 払い戻し手順 】

  • チケットを持って店舗へ行く
    複数枚購入した場合は、すべてのチケットを持っていくことが必要です。
    ・Loppiで発券したチケット ➡ 発券したコンビニチェーンのみ可
    ・郵送で受け取ったチケット ➡ ローソン・ミニストップどちらでも可
  • Loppiに行き、初期画面の「ローチケ」をタッチする。
  • 画面の「チケット払戻し」をタッチする。
  • チケットに印字されているバーコードをLoppiの読み取り部分にかざす
    複数枚購入した場合でも、かざすのは1枚でOKです。
  • 確定する」をタッチする。
    チケットの内容が表示されるので、必ず確認して手続きしましょう。
  • 発券された払い戻しの「申込券」を持って30分以内にレジへ行き、チケットと一緒に渡す
    複数枚払い戻す場合は、すべてのチケットをレジ店員に渡してください。
  • 払い戻し金を受け取る。

なお、払い戻しをするとチケットは店舗に回収されます。
チケットを手元に残しておきたい場合は、払い戻さないという選択肢しかないので、ご注意くださいね。

また、払い戻しにはチケットが手元にあることが条件となります。

チケットが手元にない場合は、まずLoppiなどで発券することが必要です。
チケットを用意してから払い戻し手続きをしましょう。

電子チケットの場合

電子チケットの払い戻し方法は、公演・興行主によって異なりますが、多くの場合、用いられるのが「CASH POST(キャッシュポスト)」という方法です。

キャッシュポストとは送金サービスの一種で、ローチケの場合はLoppiを経由することでレジにて現金を受け取ることができます。

紙チケットでもキャッシュポストでの現金受け取りが可能な場合もあるので、利用しやすい方を選ぶといいですね。

では、電子チケットの払い戻し手続きの例を紹介しましょう。
今回紹介する方法は、

  • サイトから印刷したバーコード
  • スマホ画面のQRコード

のどちらかを使ってローソンのLoppi経由で手続きします。
手続き時間は7:00~21:30のみなので、注意してください。

バーコードの場合は予めプリントアウトしておき、QRコードの場合は店頭にいく直前にキャッシュポストにアクセス(下記手順参照)して表示させておくとスムーズです。

【 払い戻し手順(例)】

  • ローチケ公式サイトの「マイページ」にログインする。
  • 所有チケットが払い戻し対象になっていることを確認する。
  • 払い戻し方法で「キャッシュポスト」を選び、払い戻しを申し込む。
  • 登録済みのアドレス宛に「受付番号(英字4桁+数字6~8桁)」が記載されたメールが届く。
  • キャッシュポストの受取手続き画面へアクセスする(画像参照)。
  • メールの「受付番号」と、画面に表示された「画像認証キー」の数字を下段に入力し、次へを押す。
  • 受け取り内容を確認し、バーコードを印刷、または、スマホでQRコードを表示できるようにしておく。
  • ローソンへ行き、Loppiの読み取り画面に印刷したバーコード、またはスマホで表示したQRコードをかざす(画像参照)。
  • 内容の確認・利用規約に同意の上、「次へ」を押す。
  • Loppiより発券された「申込券」を持って30分以内にレジへ行き、「現金」と「お客様控えレシート」を受け取り、受領の署名をする。

ローチケ
手順⑤ CASH POST の受取手続き画面
ローチケ
手順⑧ Loppiのコード読み取り部
CASH POST公式サイトより)

Loppiでの払い戻しには上限があり、1回あたり29,999円までです。
3万円以上の返金がある場合は、チケット毎などで数回に分けるようにしましょう。

分割ができない高額チケットの場合はLoppi以外の方法がメールで案内されますので、そちらに従って手続きしましょう。

手数料の払い戻し

チケットの払い戻しが決定しても、
「払い戻し」=「全額返金」
ではありません。

原則として、払い戻しが可能な代金は、

  • チケット代
  • システム利用料
  • 店頭発券(入金)手数料
  • 先行サービス料:先行発売チケットの場合

のみです。
公演により異なる場合もあるので、ローチケ公式サイトでしっかり確認しましょう。

一方、払い戻しされない代金には、

  • 決済システム利用料:キャリア決済を利用した場合
  • 配送料:チケットを簡易書留で受け取った場合

などがあります。
最近は自然災害・感染症など払い戻しする事態も増えていますから、払い戻しを考慮して入手方法を決めたいですね。

また、受取期間にも注意してください。

必ず期限内に手続きし、受け取るようにしてください。
ほとんどの場合、受付期間を過ぎると払い戻しされないので、気を付けましょう。

なお、土・日の10:00~12:00はLoppiを利用しての払い戻しは避けた方が無難です。

土・日はチケットの発売初日に当たることが多く、特に午前中はLoppiに人が集中しやすい傾向にあるからです。

さらに、紙チケットの店頭での払い戻しは24時間、キャッシュポストは21:30まで可能ですが、21時から早朝6時までは防犯のため、レジの現金が制限されています。

これらの日時を避け、払い戻し期日に余裕を持って手続きするようにしましょう。

キャンセルのやり方

チケットのキャンセルは、代金の支払い状況により対応が異なります。

まず、代金支払い済みの場合はキャンセル不可能です。
予約・購入に関わらず、変更・返金・返品もできません。
クーリングオフも適用されないので、注意しましょう。

ただし、キャンセルできないのは❝支払い済み❞の場合です。

支払い方法で「店頭支払い」や「郵便振込」を選択し、お金を支払う前ならキャンセルできる

のです。

「店頭支払い」や「郵便振込」では引き取り期間が設定されているので、引き取り期間を過ぎるまで放置しておけば自動的にキャンセルされるからです。

一方で、「クレジットカード決済」や「キャリア決済」は即時決済のため、キャンセルできません。

チケットを受け取ったかではなく、代金の支払いタイミングで決まるわけですね。

でも、キャンセルはできませんが、行けなくなった公演のチケットを売却できる可能性があります。
詳しくは次項をご覧ください。

なお、公演の中止・延期などの場合は、チケットの払い戻しが行われます(前項参照)。

抽選のキャンセル

ローチケには抽選で購入するタイプのチケットもあります。

抽選の申込方法には「Web(ローチケ)」と「電話」がありますが、

  • Web抽選受付の場合
    抽選期間内であればキャンセル可能
    ※変更の場合は一度キャンセルしてから再度申し込み
  • 電話抽選受付の場合
    申し込み後のキャンセル不可

のようにキャンセルの可否が異なるので、注意してくださいね。

リセール(売却)

リセールとは自分が利用できなくなったチケットを第三者に売却すること。
不正転売ではなく、ローチケで購入したチケットなら公式サイト内で合法的に行うことができます。

ただし、

  • 電子チケットとして購入していること
  • リセールの対象となっている公演のみ可能
    実施は公演ごとに決定される
  • 第三者への売却
    友人など特定の人物へ売却することはできない

という条件があります。
もちろん、リセールに出しても買い手が付かなければ売却できません。

それでもチケット代金を捨てるより、売却できる可能性に賭けてみる方が良いかもしれませんね。

リセールが実施される場合、その旨が記載されたメールが届きます。
また、ローチケ公式サイトでも案内があるので、キャンセルを決めたら確認してみましょう。

ローチケでのリセールは「ローチケ電子チケットアプリ」のインストールが必要です。

SMS認証が必要なのでスマホで行ってくださいね。

リセールが可能であれば、アプリ内に表示される対象チケットの「︙」をタップすると、
このチケットのリセール手続きを行う
の表示が出ます。

あとは指示に従って行い、購入者が現れるのを待ちましょう(リセールの詳細はこちら🔗)。

譲渡・分配

友人・知人などにチケットを譲りたい場合、公演によりますが可能な場合もあります。
公演の詳細ページやチケットの券面に記載がなければ大丈夫。

紙チケットは直接受け渡せばOKなものもあります。

一方、電子チケットはアプリで行いますが、相手と会う必要がないので簡単に受け渡しができるメリットがあります。

受け渡しには譲渡したい相手の連絡先などが必要です。

詳細はこちらの記事にてご確認ください。

なお、リセール同様、不正な譲渡は一切禁止です。ご注意くださいね。

問い合わせ先

ネット予約・購入は気軽に質問できないデメリットがあります。

でも、ローチケでは問い合わせ先としてメール電話を用意しています。
電話での受付は停止されていることもある

なお、件数の多い問い合わせについては、公式サイト内のFAQにて解決方法を案内しています。

問い合わせが殺到していると返答に時間がかかるので、FAQで解決しない場合に問い合わせると良いでしょう。

メールの場合

メールで問い合わせたい場合は、まずローチケ公式サイト内のFAQページを開きます。
検索ウィンドウに調べたい内容を入力して、絞り込みましょう。

解決しなかった場合は次の手順で問い合わせられます。


まず、似た内容のFAQを選択し、下部にある「解決しなかったので問い合わせる」をタップ(画像参照)。


すると、問い合わせフォームが開く。
最上部で問い合わせの種別を選ぶようになっているので、近いものを選んでおきましょう。


続いて自分の名前や問い合わせ内容、メールアドレスなどを入力。

問い合わせ内容によっては、

  • 公演・チケットなどの詳細
  • 利用環境・デバイスの情報

などの入力を求められます。

このため、上部の「問い合わせの種別」は適切なものを選んでくださいね。

また、画像の添付も可能です。


必要事項の入力が終わったら「同意」に✔を入れ、「お問い合わせを送信する」をタップ。

ローチケ
手順① FAQから問い合わせへ
ローチケ
手順② 種別を選択しておく

以上で問い合わせは終了です。
ローチケからの返信を待ちましょう。

電話の場合

電話での問い合わせは、内容によって電話番号が以下のように異なります

【 総合お問い合わせ 】
☎ 0570-000-777 (11:00~18:00)

【 紙チケットの配送 】
☎ 0570-000-635 (11:00~18:00)

※ 一部携帯電話、PHS、ケーブルテレビ接続電話(J-COMを除く)、IP電話は利用不可

なお、先行予約などの特典がある「LEncoreカード」に関する問い合わせは、ローチケではなくSMBCファイナンスサービス㈱となります。

【 LEncoreカード 】
※ クレジット紛失やカード暗証番号などに関すること
一般電話:☎ 0120-63-4646 (09:30~17:00/1月1日休み)
携帯電話:☎ 東京 03-5638-3211 または 大阪 06-6339-4074

目的に合った方法を選びましょう。

Follow me!