旅行保険は無駄なく安く!【目的別で選ぶ保険会社のおすすめ保険】

スポンサーリンク




この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

何が起こるかわからない旅先での不安に応えるのが「旅行保険」。

でも、付けたい補償やその範囲、補償金額は人それぞれ
行き先によっても変わりますよね。できれば無駄な出費は抑えたいし…(笑)。

私も旅行のたびに「どこのプランにしよう??」と悩んできました。

そこで、この際、30プラン以上の保険を徹底調査することにしました!
その結果をこの記事で「目的別のおすすめ」として厳選し、紹介していきます。

海外旅行保険が多いですが、インターネットでも申し込める国内旅行保険も調査していますので、ぜひご覧ください!!

なお、保険の基礎知識や補償の内容を知りたい方は、こちらの記事も併せてどうぞ!

注意!!
この記事内に記された補償金額はそのプランの上限値です。
プランによってはそれ以上の補償を受けることもできます。
約款に明記された疾病・傷害・損害などの条件によって補償金額が決まるので、ご留意ください。

スポンサーリンク

まずは確認…クレジットカード付帯保険ある?

旅行保険を探す前に、自分のクレジットカードに保険が付いていないか確認しましょう(付帯保険)。

JCBやVISAの年会費無料のカードでも、たいてい「ショッピング保険」は付いています。

また一般カードでも年会費を払うものやゴールドなどハイクラスのものには、「死亡・後遺障害」や「入院・通院・手術補償」、「賠償責任補償」や「損害・盗難補償」などが付いていることがあります。

付帯保険があるなら、それ以外の補償だけを付けた方が断然お得です。

保険適用となるにはカードで所定の代金を支払うことや、海外に限定した補償であるなど、細かい規定がありますから、カード発行元などの公式ウェブサイトでチェックしてみましょう。

カード付帯保険の概要や付帯保険にプラスするおすすめ保険についてはこちらの記事 で紹介しています。

クレジットカード付帯保険をお持ちでない方より手厚い補償の保険をお探しの方は、この記事を読み進めてくださいね。

広く安心できる保険

おすすめしたい人

  • とにかく安心して旅行したい人
  • 子供やお年寄りなど体調不良やケガをしやすい人
  • 他人の物を壊す、突発的な動きをする、など不注意な行動をとりがちな子供

病気やケガ、手荷物の破損や盗難、交通機関のトラブル…旅行には実に様々なアクシデントが付きまといます。

そのため、旅行保険はいろいろな補償がセットになっているプランが主流です。

こういった保険に組み込まれている基本的な補償は、

  • 治療費用
  • 救援者費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 傷害および疾病死亡
  • 傷害後遺障害

と種類も多く、非常に手厚いものです。

また、これらの保険は補償金額に応じて数段階のプランが用意されています。
どの程度の補償を受けたいかによってプランを選べば、保険料の負担も変えられるわけです。

保険料の安い(=補償金額が少ない)プランでも多くのトラブルをカバーできるので、万が一でもほとんどのケースで保険が適用され、出費の一部あるいは全額を保険で賄うこともできるでしょう。

旅行中も何かと頼りになりますが、保険料が高額になりがちなのと、細かい設定ができない点がデメリット

その辺りのバランスを考えて、特におすすめしたいのがこちらです。

おすすめ保険
補償範囲が広いのにリーズナブル!緊急時はLINE通話もOK!

たびとも
-エイチ・エス損害保険-

  • 旅行業界で有名なHISグループの保険会社
  • 日本語OK!24時間365日対応で、緊急時の連絡も簡単!
    ・世界50か国以上からフリーダイヤルが使える。
    LINE通話ならどこからでも無料で連絡できる。
    (無料はWi-Fi利用時。友だち追加が必要)
  • 傷害疾病治療費用・傷害疾病死亡・傷害後遺障害および救援者費用1,000万円~、賠償責任1億円、携行品30万円、航空機寄託手荷物遅延1万円
    特に携行品30万円は他社より手厚い
  • 「航空機遅延補償(保険料130円)」「電子機器等追加補償(保険料350円)」をプラスできる。
  • 旅先を限定するので無駄な料金がかからない。
  • 例:アジア5日間(20~64歳)保険料1,680円

   

また、飛行機搭乗時に預けたスーツケースが届かない、ケータイが壊れた…などの補償も基本契約に含まれている❝まるごと安心❞なタイプがこちら↓。

クレジットカード付帯の保険に含まれない補償だけがセットになったプランもあり、1つずつ選んで加入するのが面倒…という人にもぴったりです。

おすすめ保険
手荷物遅延や携帯電話の破損も補償内!弁護士費用まで手厚いフォロー!

  • 安心大手の三井住友海上(保険代理店経由でも申し込み可)
  • 傷害疾病死亡・傷害後遺障害・治療・救援費用1,000万円~、賠償責任1億円、携行品損害30万円、緊急歯科治療費用(50%相当額まで)のほか、万が一の時に役立つ航空機寄託手荷物遅延10万円、弁護士費用100万円、テロ等対応費用10万円も含まれる。
  • 特約としてペット預入延長費用日額5,000円(犬猫限定 保険料10円)をプラス可。
  • 携行品損害は30万円まで。他の保険では適用外となる携帯電話の破損も補償内(盗難・紛失は不可)。
  • 例:アジア5日間 保険料1,970円~3,220円
    ただし、傷害疾病死亡・傷害後遺障害・緊急歯科治療費用・賠償責任・携行品損害・航空機寄託手荷物遅延・テロ等対応費用を付けない場合 保険料1,430円

 

必要最低限の保険で手軽にカバー

 

おすすめしたい人

  • とりあえず心配だから何か保険に入ろうと考えている人
  • とにかく安い保険を探している人

若い世代を中心に、旅行中のリスクをあまり感じない人もいるでしょう。
大げさな補償はもったいない…と感じるかもしれませんね。

だからと言って、全く補償を付けないのはちょっと心配。

なぜなら健康保険が使えない海外での治療費は、高額になることも珍しくないからです。
盲腸の手術と入院だけで100万円前後必要になることも…。

こういう場合は、セットになっているプランよりも、リスクのある必要な補償だけ選べるタイプがおすすめ

旅先での治療費に備えた「治療補償」や、自己負担となることが多い歯のトラブルの「歯科治療補償」、家族の迎えが必要になったときの「救援費用補償」などを中心に申し込むのがおすすめです。

さらに、自分の持ち物を壊した時の「携行品損害」と、他の人や持ち物に損害を与えたときの「賠償責任」はプラスしておくと安心。

特に、賠償責任は桁違いの請求をされることもあるので、注意しておきましょう。

なお、損害補償が付帯しているクレジットカードを持っている場合も、必要な補償だけプラスすれば無駄がないですよね。

この場合はこちらの記事で最適な保険を紹介していますので、ぜひご覧ください。

とにかく自由なプランが組めると人気の保険がこちら↓。

業界最安値(だと思います!)にも関わらず、24時間・日本語で対応してくれるサービスには文句の付け所がありません!

おすすめ保険
最低保険料500円~!カスタマイズプランでも安心のサービスに定評あり

t@biho たびほ
(カスタマイズ)

-ジェイアイ傷害火災保険-

  • 旅行会社JTBと保険大手AIGグループの合弁会社だから安心サポート。
    ネット申し込みならJTB店頭より最大72%オフ
  • 99歳までなら治療中の病気があっても申し込みOK(支払い対象外)!
  • 最低プランは治療・救援費用1,000万円、緊急歯科治療10万円
    これにプラスする方式で自由にカスタマイズ可能。
  • 24時間365日、日本語による電話対応OK
    海外300か所超のキャッシュレス提携病院でなら治療費の一時払いが不要に。
  • 完全カスタマイズの他に「保険料節約プラン」「おすすめプラン」などのセット補償もある。
  • 例1:アジア旅行5日間の最低保険料700円(18~49歳。治療・救援・緊急歯科治療費用のみ)。
    個人賠償責任1億円、携行品損害10万円をプラスしても保険料990円
    携行品損害は携帯電話も適用、さらに盗難も補償付き!

  

もう一つ、比較的自由に補償を付けられる保険がこちら↓。

最安値は『t@bihoたびほ』に軍配があがりますが、こちらの保険は何歳でも同一保険料なので、リスクの高い子供や高齢者ほどお得に申し込めるメリットがあります(死亡補償などの金額は異なります)。

特許出願中という「LINEでトラブル連絡から保険金請求までできるシステム」も面白い!

おすすめ保険
自由度◎!業界初のLINEで保険請求まで完結する使いやすさも魅力!

新・海外旅行保険 off!
(オーダーメイドタイプ)』
-損保ジャパン-

  • 万が一の連絡も保険金請求もLINEのチャットで24時間OK!(友だち追加必要)
    画像や動画も送れるから担当者に伝わりやすい。病院手配もLINEで依頼!
  • 24時間365日・日本語対応の電話もOK
  • 最低プランは治療費用500万円のみ
    これにプラスする方式で自由に組み合わせ可能。
  • オーダーメイドの他、保険料と補償内容に応じたセットプランも3つ用意されている。
  • 例:アジア5日間 最低保険料990円(治療費用500万円)。
    年齢制限がないので、子供や高齢者は他の保険よりもお得
    ただし、治療中(特定の疾患を除く)は申し込み不可。

   

高齢者も入れる保険

 

おすすめしたい人

  • 70歳以上のシニア世代も入れる保険
  • 簡単に申し込めて手厚い補償がよい
  • 充実したサービスで安心したい

昨今はご旅行好きのアクティブシニアもたくさん!
実際、国内・海外問わず、元気なお年寄りにたくさん会いますよね。

でも、旅行保険にも医療保険のように年齢制限があるものもあるんです。

そこで、年齢を問わずシニアも入れるおすすめ保険がこちらです。

疾病・傷害死亡や傷害後遺障害は若いほど高額な保険金が受け取れ、旅行で起こりうるトラブルをまんべんなく補償する、安心タイプの保険です。

個人だけでなく、同居の家族と一緒の旅行ならお得な「ファミリープラン」、友人同士のなどの複数人もまとめて申し込める「グループプラン」も選べますよ。

おすすめ保険⑤
70歳以上も加入OK!ネットで申し込める簡単保険

海外旅行保険 たびとも
-エイチ・エス損害保険-

  • 年齢無制限!誰でも入れるネット専用の旅行保険。出発当日の契約OK
  • 治療補償1,000万円~、救援者費用1,000万円~、賠償責任1億円(自己負担金なし)、携行品損害30万円(自己負担金なし)などの安心補償に、航空機寄託手荷物遅延1万円(定額)もプラス。
  • 例:アジア5日間 保険料 20~64歳 (1,680円~、3プラン)、65~74歳 (2,490円~、3プラン)、75~84歳4,100円~、3プラン)、85歳以上3,960円、1プランのみ)
  • オプションで航空機遅延補償も付けられる。

  

また、高齢になるほど、普段から薬を飲んでいる人も多いでしょう。

この場合、上記『たびとも』に申し込むことはできません。

ですが、店頭申し込みであれば年齢無制限かつ服薬中の人も申し込むことができます(プランにより対象年齢は異なります)。

旅行代理店エイチ・アイ・エスの店頭で申し込みますが、下記公式サイトでもパンフレットは見られるので、是非チェックしてみましょう。

おすすめ保険⑥
服薬中でも加入できる!店頭契約プラン

海外旅行保険 店頭契約
-エイチ・エス損害保険-

  • 年齢無制限!普段から薬を飲んでいても入れる海外旅行保険。
    (旅行前に発病・受傷しているものについては補償対象外)
  • 年齢に応じてプランが選べるので、自分に合ったものを見つけやすい。
    (70歳以上8プラン、81歳以上5プラン、86歳以上2プランから選べる。重複あり)
  • ケガや病気での治療・救援費用1,000万円~無制限、賠償責任1億円、携行品損害30万円に加え、万が一の傷害・疾病死亡補償も付けられる。
  • 例:海外5日間・70歳以上の場合 保険料5,030円~6,800円。

  

なお、店頭まで行って申し込むのはちょっと面倒…という人でも、99歳までならネット保険『t@bihoたびほ』がおすすめ

現在治療中の病気があっても申し込みできます。

おすすめ保険
治療中や服薬中でも99歳までOK!必要な補償だけカスタマイズ可

t@biho たびほ
(カスタマイズ)

-ジェイアイ傷害火災保険-

  • 99歳まで対象。
  • 治療中服薬中でも申し込みOK(ただし補償の対象外)!
    過去に入院したことがあっても完治していれば大丈夫!
  • 例:アジア5日間 保険料(おすすめ保険⑥と同等内容の場合)70歳3,420円~99歳8,410円
  • おすすめ保険③も参照

  

未成年でも入れる保険

 

おすすめしたい人

  • 18歳未満の子供だけ保険に申し込みたい人
  • トラブル時、子供でも対応できる便利なサービスを希望する人

旅行保険の中には高齢者だけでなく、未成年者が入れないタイプもあります。

もちろん、保護者同伴であればファミリープランなどでまとめられますが、子供だけで海外に行くとなると、年齢制限に引っかかってしまうことも少なくありません。

また、子供と言っても中学生・高校生くらいになっていれば、海外でケガや病気になるリスクも相当減りますから、あくまでも「万が一に備える」といった意味合いが大きくなりますね。

そうなると、補償の内容をある程度選べるタイプの方が保険料も安くて済みます

そこでおすすめしたいのがこちらのタイプ↓。

おすすめ保険
スマホも補償!自由度MAXで無駄なく安心アプリあり!

t@biho
(カスタマイズ)

-ジェイアイ損害火災保険-

  • 契約者(申込人)は18歳以上。新生児の申し込みも可。
  • 何かと便利なスマホは子供の旅行でも必需品。
    万一の画面割れでも修理代金や送料の負担なしで提携業者の修理が受けられる損害補償あり(キャッシュレスリペアサービス)!
  • 子供でもトラブルを簡単に連絡できるアプリt@bihoスマートガイド』を利用すれば、緊急時にも7か国語対応ツールで症状をいち早く伝えられる。
  • 例:アジア5日間(10~49歳)最低保険料700円(治療・救援費用1,000万円、緊急歯科治療10万円のみ)。
    傷害後遺障害1,000万円、個人賠償責任1億円、携行品損害10万円をプラスしても保険料1,160円
  • おすすめ保険③も参照

  

一方、「いろいろ補償が付いている方が安心」「1つずつ選ぶのは難しい」…という場合は、未成年でも申し込めるセットプランが充実している保険もあります。

下記au損保の保険は渡航先を選ばないので、未成年だけでなくハイリスクなエリアへの旅行もリーズナブルに申し込めるのでおすすめです。

おすすめ保険
リーズナブルなセットプランで簡単!アプリ利用で万が一にも楽々対応

海外旅行の保険
-au損害保険-

  • 契約者(申込人)は18歳以上74歳以下の同居・同姓の家族であること。
  • 旅行先に関わらず同一保険料!3タイプから選択できる。
  • 24時間・365日対応の緊急サポートサービス(通話料無料)あり。
    困りごとの相談には日本人スタッフが対応するので子供でも安心。
  • アプリ『海外サポート』利用で、渡航先での日本語対応、キャッシュレス受診可能な最寄りの提携病院のリストアップが可能。
    困ったときのHowTo集や、トラブル時の画像記録もこれ1つでOK!
  • 治療・救援費用1,500万円~、傷害・疾病死亡および傷害後遺障害500万円~、個人賠償責任1億円、携行品損害30万円~などに加え、航空機寄託手荷物遅延等費用10万円と幅広く手厚い内容。
  • 例:5日間 保険料1,950円(ブロンズコース)~。

  

キャンセル料を補償する保険

旅行保険の補償の中でも近年ニーズがあるのが「キャンセル保険」。

本人や家族が急病になった、ケガをした…など予想外の事態でやむを得ず旅行を取り消す際に生じる❝キャンセル料❞を補ってくれる保険です。

早めのキャンセルなら無料や宿泊代金の10%ほどで済みますが、数日前や当日ともなれば50~100%も支払わなければなりません

何十万円もの旅行代金がかかる海外旅行…特に早めに申し込む場合は付けておきたい保険です。

キャンセル保険には、

  • キャンセル料の補償だけを目的として単体で申し込むタイプ
  • 旅行傷害保険の特約としてキャンセル料の補償を付加するタイプ

があります。

補償の対象となる理由も保険会社やプランによって様々なので、適切なものを選ぶのが良いと思います。

個人的には、

  • 単体でキャンセル保険を付けるなら…
    トリップキャンセル』 : パッケージ旅行(ツアー)限定
  • 特約で付けるなら
    t@biho たびほ』 : 格安旅行保険の特約なので合計保険料もリーズナブル

2つがおすすめです。

詳しくはこちらの記事をどうぞ!

中には、パスポートを忘れて飛行機に乗れなかった…という非常時でもキャンセル料を補償してくれるものもあるので、うっかりさんも安心の保険です。

国内旅行を補償する保険

ここまで海外旅行での保険をお伝えしてきましたが、旅先でのトラブルを不安に感じるのは国内旅行でも同じ。

病気やケガに関しては❝保険証❞を持参していれば自己負担額は減りますが、思わぬ事故や大病のリスクがないわけではありません。

また、身の回り品を壊したり、他人に損害を与えて賠償する事態になったり…という可能性もあります。

ただし、国内旅行保険はインターネット申し込みできるものが少ないです。

海外旅行保険で人気のある

も国内旅行保険を取り扱っていますが、代理店経由の申し込みとなっています。

旅自体を旅行代理店で手配するのなら、一緒に保険も申し込んでしまうのも1つの方法です。

でも、インターネットで手配する旅や個人旅行などの場合は、代理店に出向くよりも、インターネットで申し込める保険の方がやはり簡単・手軽ですよね。

インターネット申し込み可能な国内旅行保険はこちら↓

おすすめ保険
国内旅行最安値!日帰り旅行も申し込める

国内旅行の保険
-au損保-

  • 基本の旅行補償がセットになっているので悩まない!
  • 死亡・後遺障害500万円~、入院日額4,000円~、通院・手術日額1,000円~と手頃ながらも、賠償責任は5,000万円~と安心補償
  • 手厚い補償から最低限の補償まで3タイプから選べる。
  • 例:日帰り1泊2日 保険料262円~、3泊4日 保険料321円~など

  

また、グループ旅行などでまとめて保険に入りたい場合は、こちらが便利↓。

前述のau損保よりも保険料はちょっと高くなりますが、入院・通院の日額補償は手厚くなります。

おすすめ保険
当日申し込みもグループ旅行もまとめてOK!

国内旅行総合保険
-エイチ・エス損害保険-

  • 10人単位でまとめて申し込み可能。
  • 当日申込もできるから、急な日帰り旅行にも最適!
  • 2タイプから選べる。
  • 死亡・後遺障害500万円~、入院日額5,000円~、通院・手術日額1,500円~、賠償責任3,000万円~。
  • 例:日帰り・1泊2日 保険料 410円~、3泊4日 保険料470円~

なお、これらの国内旅行保険は、死亡・入院・通院などの補償は突発的な事故などによるケガを補償するものです。

病気による死亡・入院・通院は適用外となりますから、注意しましょう。

おわりに

旅行中にトラブルに見舞われたとしても、当事者に代わって手配や支払いなど様々なサポートをしてくれる保険は、やはり入っておいた方が安心です。

特に医療費が高い海外では、少なくとも治療費と高額になりがちな損害賠償を賄える保険には入っておくべきです。

自分のリスクに応じて補償の範囲を選ぶと良いでしょう。

また、目的が短期の観光や商用ではない場合、合致した保険でないと保険金が支払われなくなります

長期の留学や出張・海外赴任などの場合は専用の保険が必要なこともあるので、こちらの記事をご覧ください。

同様に、旅程や年齢、体調・既往症など正直に申告しておかないと、保険の対象外と判断されることもあります。

自分の状況・状態でも入れる保険を選んで申し込むことが大切です。

なお、各保険の約款には、保険金支払いの範囲が細かく記されています。

申し込む前に約款を確認することをおすすめします。

旅先での危険なスポーツによるケガや歯科治療、妊娠・出産にまつわる症状などについては一般的な治療補償の対象外となることが多いので、正しく理解しておきましょう。

 

コメント

  1. […] 旅行保険は無駄なく安く!【目的別で選ぶ保険屋さんのおすすめ保険】 […]

  2. […] 旅行保険は無駄なく安く!【目的別で選ぶ保険屋さんのおすすめ保険】 留学には専用の補償が必要!親も安心のニーズ別おすすめ留学保険 […]

タイトルとURLをコピーしました